NEWS お知らせ
GSE Home > NEWS > GSEが日本展開を手がけるオンライン・ラーニング「EtonX」グローバル教育の名門校に相次いで導入~「EtonX」は経済産業省 EdTech導入補助金対象にも採択~

GSEが日本展開を手がけるオンライン・ラーニング「EtonX」グローバル教育の名門校に相次いで導入
~「EtonX」は経済産業省 EdTech導入補助金対象にも採択~

2020.10.07

リリース要約:
グローバルスカイ・エデュケーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 永田 幸、以下、GSE)が提供するオンライン・ラーニング「EtonX(イートンエックス)」が、グローバル教育に注力する鷗友学園女子中学高等学校と宮崎県立宮崎大宮高等学校にて、2020年10月下旬より導入されることが決定いたしました。

リリース全文:

 「EtonX」は、2015年にイギリスの超名門イートン校によって設立された英国のEdTech組織で、イートン校の教育カリキュラムをオンラインコンテンツとして世界各国に提供しています。当社では、2019年に「EtonX」の日本展開における独占パートナーシップを結び、グローバルスカイ株式会社と共に日本語サポートなどをパッケージ化し、高校、大学などの教育機関や企業研修向けに次世代リーダー育成のためのサービスとして当プログラムを展開してまいりました。

 この度、2020年10月下旬~12月のあいだ、鷗友学園女子中学高等学校と宮崎県立宮崎大宮高等学校にて「EtonX」の導入が決定いたしました。なお、「EtonX」は経済産業省「EdTech導入補助金(令和元年度補正 先端的教育ソフトウェア導入実証事業)」交付の対象事業にも採択されております。

 鷗友学園女子中学高等学校は、創立時より全人教育・グローバル教育を重視し、世界で活躍する女性リーダーを育てる教育活動の一環として、当プログラムの導入に至りました。同校では、「EtonX」のバーチャルクラスルームを通じ、生徒達が世界中の学生と高め合うことで、カリキュラムポリシーに見合ったリベラルアーツの素養を身につけていくことを目指しています。また、文部科学省のスーパーグローバルハイスクール及びワールドワイドラーニング拠点校である宮崎大宮高校は、先端的な課題解決型学習を補完し、同校のリーダーシップ教育を基礎から支える教育プログラムとして、次世代に必須となるフューチャースキルを身につけられる当プログラムを採用しました。

 GSEは、日本国内の高校・大学などの教育機関へのご提供はもちろん、本学習モデルを応用し、同じような課題をもつ教育機関や企業、個人向けサービスとして「EtonX」の展開を加速いたします。更に、様々な教育コンテンツを組み合わせ、効果的な先端教育・研修方法を構築することで、全ての世代の方のあらゆるステージの成長をサポートしてまいります。

オンライン・ラーニング「EtonX」について

「EtonX」は、次世代のリーダーに求められる「Future Skills」を養成し、他者との共感を大切にしながら、個人と組織双方を成功へと導ける人材を育成するプログラムです。
当プログラムは、11種類のスキルを学ぶコースからなり、「コミュニケーションコース」「リーダーシップコース」「キャリア準備コース」「アカデミックコース」の4種類のスキルセットとして提供。各コースは、日々の学習の案内役をイートン校のコースディレクターが担当しています。コースには、イートン校の授業、個別指導、寮生活のなかで日々実践されている独自の教育理念が反映されています。

・オンライン・ラーニング「EtonX」 について詳細はこちらから
https://jp.etonx.com/

まずはお気軽にご相談ください。

フォームからのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6455-7222