【保存版】英会話の社員研修で参加メンバーのモチベーションをキープする方法

英会話の社員研修を始めてみたけれど、社員のモチベーションが今一つ上がっていない…。

そういう悩みを抱えた企業担当者の皆様、必見です!

 

英会話の社員研修を効果的に行う方法は存在します。

その方法を行えば社員のモチベーションは確実に上がります!

 

神田にて英会話教室事業に長年携わっている河野さんに、英会話の社員研修で社員のモチベーションを効果的に上げる方法を聞いてみました!

 

英会話の社員研修で社員のモチベーションを上げる方法

その1)魅力的なカリキュラムであること

naiyou

 

河野さん
英会話の社員研修で、参加メンバーのモチベーションをキープする方法は主に3つあります。
Kenny
では1つ目からお願いします。

 

河野さん

1つ目はカリキュラムが魅力的であることです。

本人たちが興味ある内容で、それが自分のキャリアパスにプラスになり、社内でも高評価に繋がること、つまり、カリキュラムを受講する本人に、何らかのメリットがあるということです。

 

Kenny
具体的に魅力的なカリキュラムとは、どんなことでしょうか?

 

 

河野さん

自分の興味のある分野なり仕事に、直結した内容であること。

ただの座学ではなく、自ら発信する内容が多いこと。

これらが魅力的なカリキュラムの具体例と言えるでしょう。

 

 

 

Kenny

自分から英語を発言する機会ということですね?

 

河野さん

そうです。セミナーだったり、先生の言うことを聞いて座って勉強する、という「受け身」な内容だけではなくて、「積極的」にアクティブに参加できる内容が入っていること。これが魅力的なカリキュラムの条件です。

 

魅力的なカリキュラムまとめ

カリキュラム内容が、受講生に何らかのメリットがあること。

仕事や興味ある分野に直結していること。

ただの座学でなく、自ら発信する、自分で英語を言う機会が多いこと。

 

 

その2)魅力的なレッスンができる質の高い講師がいること

image3

 

河野さん
2つ目は魅力的なレッスンができる質の高い講師を確保することです。
Kenny
魅力的な講師とはどんな講師ですか?

 

 

 

河野さん

教材の中身をそのまま教えるのではない。

自分の経験値や知識に基づいて、膨らませて楽しく充実した授業ができる。

ティーチング・テクニックを兼ね備えた先生。

 

 

Kenny
学習の進度みたいなものが、みんなである程度の基準まで保てることも大事ですよね?

 

 

河野さん

そうです。

そして先生自体のモチベーションが高い方が良いですね。

そういう先生は総じて生徒の名前を、パッとすぐに覚える傾向がありますね。

 

 

 

Kenny

ティーチング・テクニックの高さを見分ける基準ってありますか?

 

 

河野さん

積極的に発言できる人やシャイな人など、クラスのバランスを瞬時に見分けて、全員同じように喋らせることができたり、出遅れている人がいないかと気配りができる、そういう上手なファシリテータ―であるかどうか、というところが基準ですね。

 

 

質の高い講師のまとめ

すぐに生徒の名前を覚える先生は、モチベーションが高く能力も高い傾向にある。

参加者のレベルや積極性を見極めて、同じくらい発言機会を与えられる講師はティーチング・テクニックがある。

 

 

その3)選ばれたメンバーによる研修であること

 

Kenny
研修メンバーが選抜されているというのは、より学習分野が絞られるということでしょうか?

 

 

河野さん
そうですね。

会社側がどういう人を求めているのか、ということを特定できている。

 

 

河野さん

ある程度、一定の基準で選ばれているので、アンバランスな参加者にはならず、一緒のゴールに向かってみんなでできるようにする。

そういう狙いがあります。

 

 

Kenny

○○課の人、というようなざっくりしたメンバー決めはよくない?

 

 

河野さん
「忙しいからでられない」とか言い訳する人が現れるので、あまり良くないですね。

 

河野さん

選ばれたという責任感、プライド、これらがモチベーションに繋がります。

選ばれるということは選ばれない人がいるので、その人たちに仕事の負担がかからぬようという、責任を持って受講します。自由参加とはそこは大きく違う点ですね。

 

選抜メンバーによる社員研修まとめ

メンバーを選抜すると会社側がどういう人を求めているかが決まるので、同じゴールに向かっていくことができる。

全員参加 → 忙しいから出られないという言い訳ができてしまう。

選別メンバー → 選ばれたという責任感で欠席しづらく、モチベーションを高く保てる。

 

 

まとめ

英会話の社員研修で社員のモチベーションを上げる方法についてご説明しました。

  1. 魅力的なカリキュラムであること
  2. 魅力的なレッスンができる質の高い講師がいること
  3. 選ばれたメンバーによる研修であること

この3つが重要になってきます。

全ての英会話教室が、この3つを満たす英会話社員研修を行うことができる、というわけではありません。

本気で質の高い英会話レッスンによる社員研修を行って、社員に効果的に英会話を学んでもらいたいものですね。

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…