知らないと損!マンツーマン英会話学習で成果をあげる人の3つの共通点!

ポイント

 

英会話学習の形態で、最も効率良く学ぶことができるのはマンツーマンだと一般的に言われています。

 

マンツーマン英会話学習のメリットは、その人に合わせたカリキュラムで講師を独り占めできること。

 

ではマンツーマン英会話学習をすれば、誰でも効果的に英語を学べるのか…? 残念ながら、そうではありません。

 

今回は実例を基に、マンツーマン英会話学習で成果を上げる人の特徴について、神田にて英会話教室事業に長年携わっている河野さんに教えてもらいましょう!

 

 

マンツーマン英会話学習を受けた会社経営者の実例をご紹介

マンツーマン英会話学習での成果

成果

 

河野さん
マンツーマン英会話学習の事例として、とある会社経営者のケースをお話しします。

 

河野さん

最初は読み書きはあまり困らないけれど、話すのは苦手、ちょっと質問しても単語で答える程度のレベルでした。

ただ、2年くらいの間にアジアで自分のビジネスを展開したいという希望があり、週2回のペースで1年間、当社のマンツーマン英会話レッスンを受講されました。

 

 

Kenny

どのような内容だったのでしょうか?

 

河野さん

最初は日常英会話から入り、それにビジネスシーンでのやりとりを追加し、最終的には自分の会社のプレゼンテーションが出来るまで、という流れでレッスンを組み立てました。

また経営者の方なので、スモールトーク等もカリキュラムに取り入れ、マンツーマン英会話学習を行いました。

 

スモールトークとは…ちょっとした世間話・雑談のことです。

 

 

河野さん

その結果、思っていることの半分以上を英語で表現出来るようになり、一人でパーティに参加しても、何とか会話が出来るようになるくらいまで、成果を上げました。

 

マンツーマン英会話学習では、その人のレベルや目的に合わせたカリキュラムを組むので効率よく学習できます!

 

 

マンツーマン英会話学習の講師はどんな人?

a3e98e501ee730be1cc3d60216c53be9_m

 

河野さん
マンツーマン英会話学習の講師は、どういう方だったのですか?

 

 

河野さん

担当はバイリンガル講師で、英会話講師以外の就労経験が10年あります。具体的にはIT系の会社の営業をしていたそうです。

 

Kenny

そういう講師の方だったから、仕事の英語やビジネス会話が出来た、ということですね。

 

 

河野さん

そうですね。生徒さんから会社の中での話が出た時に、講師がその状況を的確に理解できるというのは、確実に大きなメリットです。

反対にこれが会社で働いたことのない講師だと、自分の中でイメージできないものですから、ビジネスシーンにおいて「こういう時はこういう風にやりとりする」という、経験に基づく的を得たアドバイスができません。

 

英会話講師以外の就労経験のある講師は、教材に載っているもの以外の話にも対応してもらえるのでビジネス英会話に向いている。

 

予習復習は必要?

study

 

 

Kenny

その方がどんな予習復習をしていたのか、覚えてます?

 

河野さん

忙しい方なので、正直そこまで予習復習はされてなかったようですが、いわゆるながら勉強でCNNを見たりしていたようです。全部分からなくても「耳から英語を入れる」ということは、やってもらいました。

 

河野さん

あとは英字新聞を読んでもらって、レッスンの中で記事に対する感想を言ってもらう練習は、よくやりました。時事問題って経営者の多くが興味を持っている共通の話題ですから。

だから例えば一面のトップ記事だけでも見ておいてもらって、それに対してどう思ったのかを伝える練習をしました。

 

予習復習ができない場合は英語のテレビ、ラジオをながら勉強、英字新聞を読むことがおススメ!

 

 

マンツーマン英会話学習で成果を上げる人の3つの共通点!

1.レッスンを受けることに楽しみを見い出せていること

楽しむ

 

 

Kenny

マンツーマン英会話学習で成果を上げる人の共通点ってありますか?

河野さん

まず、レッスンに楽しみを見出していますね。

 

Kenny

週2回だけど、レッスンが待ち遠しい!みたいな感じですね。

 

 

2.講師との共通項があり、相性が良いこと

相性

 

 

Kenny

この方は講師との相性が良く、また講師の方のバックグランドがうまく合ったのでしょうね。

 

河野さん

そうですね。就労経験に加えて世代が同じだったので、そういう意味でも共通項がありました。

 

 

 

3.英語を学ぶ目的がはっきりしていて、習った英語をアウトプットできる場所があること

goal

 

 

河野さん

自分が習った英語を使える環境があることも大きいです。自分の仕事や趣味に直結させるという目的がある。

目的がないと進歩しません。

 

 

Kenny

この方の場合、仕事で英会話をやらざるを得ない状況だったので、常にアウトプットする場があったということが、とても大きな勝因でしたね。

 

 

 

まとめ

 

当社での実例を基に、マンツーマン英会話学習で成果を上げる人には共通点がある、ということをご説明しました。

  1. レッスンを受けることに楽しみを見い出せていること
  2. 講師との共通項があり、相性が良いこと
  3. 英語を学ぶ目的がはっきりしていて、習った英語をアウトプットできる場所があること

 

すなわちこの3つです。

 

マンツーマン英会話学習は、オーダーメイドで講師を独占できるというメリットがありますが、費用の負担が大きいのも事実です。

せっかく費用をかけてマンツーマン英会話学習を受けるのであれば、質の良い講師が揃った当社で本当の英会話レッスンをぜひ体験してみてください。

 

 

次はこちらの記事がおススメです↓

マンツーマンの英会話学習。短期間で英語を上達させるコツ

【結局どっち?】英会話はマンツーマン?教室型?メリット・デメリットを徹底検証!

 

ポイント

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…