海外展開で地域別方言は気を付けるべき?社内英語研修で重要な2つのコツ!

地域別 方言 英語研修

 

日本の言葉に方言があるように、英語も地域によって発音や言い回しが違っていることをご存知でしょうか?

せっかく行う社内の英語研修。

地域によって変わってくる英語のニュアンスは、海外展開を行っていたり、これから海外進出を視野に入れている企業にとっては気になるところではないでしょうか?

 

社内で英語研修をする場合、英語の方言や地域別の言い回しはどの程度気にした方が良いのか、神田にて英会話教室事業に長年携わっている河野さんに教えていただきましょう!

 

社内英語研修のコツその1)シンプルで簡単な英語が一番伝わる!

シンプルな単語で話そう!

シンプル

 

河野さん
まずはなるべくシンプルな英語を話した方が良いと思います。
河野さん
特に英語が第二言語の人達はネイティブのように語彙力が無いので、みんながわかるような簡単な言葉を使った方が、よりコミュニケーションが取り易いはずです。
Kenny

同じことを言うときも、より簡単な表現を使った方が良いということですね。

河野さん
そうです。小難しくするよりも良いと思います。

 

非ネイティブスピーカーはよりシンプルな英語を使った方が相手に伝わり易い!

 

専門用語以外は簡単な単語を使う!

簡単

 

Kenny
専門用語についてはどうですか?言葉として存在するので仕方ない気がしますが…。

 

河野さん

専門用語・業界用語は難しくても使わないと仕方がないですね。

それ以外のところは分かりにくい言葉を使うよりは、簡単でみんなが知ってる単語を使う方が、一番誤解を招かず安全だと思います。

 

専門用語や業界用語以外は簡単な単語を使って喋ることが一番誤解を招かない!

 

 

社内英語研修のコツその2)地域別に特化した英語研修は不要!

世界中みんなが違う英語を話している!

グローバル

 

Kenny
例えばアジア地域に海外展開したい時に、どういう英語研修がいいですか?オーストラリアでも結構です。
河野さん
海外展開する先がどこであっても、社内の英語研修で気を付けるべき点に、それほど違いはありません。

 

河野さん

アジアでもオーストラリアでも現地に行った時に、みんなが同じ英語を喋るとは限らないのです。

アジアだったら、例えばシンガポールに行けばシンガポーリアンもいれば、中国から来ている人、ニュージーランドから来てる人、オーストラリアから来てる人もいる。

みんなそれぞれ違う英語を話しているのです。それはオーストラリアに行ってもどこに行っても同じです。

 

河野さん

今やもう、世界中どこでも人種のるつぼなので、どこかの地域に特化した英語研修を行うことは、あまり必要ないです。

ネイティブスピーカーじゃない人達の方が増えてるから、発音もそれ程気にすることはないです。

Kenny
英語でも方言というか表現の違いがあるかと思うのですが、そこまで配慮した社内英語研修をした方がいいですか?
河野さん

全然ないですね。そんなものは現地に行ってしまえば分かることです。

非ネイティブスピーカーが増えているので、地域別方言や発音に特化した英語研修は不要!

 

間違うことを恐れずに気にせず、とにかく話す!

自信

 

Kenny

他に気を付けるべ点はありますか?

河野さん

日本人は特に、まず完璧なセンテンスを頭の中で作ってから口に出す、ということが多いように見受けられます。しかし、その時間って発言を待っている相手からすると結構長いものなのです。

「間違ったら嫌だな」とか、そういうことを気にせずに話せるようになることが一番です。

 

頭の中で考えている時間は相手にとって長く感じるもの。間違いを恐れずどんどん会話をしよう!

 

 

まとめ

 

社内で英語研修をする場合、英語の方言や地域別の言い回しは、どの程度気にした方が良いのかご紹介しました。

 

非ネイティブスピーカーの人口がどんどん増えており、みんなが違う英語を話します。

地域別の方言や発音を意識した英語研修をするよりも、簡単な単語を使って自分の思いを伝えられるようになること。それが一番本質的で重要なことだと言えるでしょう。

 

私達なら、社内の英語研修で効率よく本質的な英会話を学ぶお手伝いをすることができます!

 

 

次の記事はこちら↓

マンツーマンの英会話学習。短期間で英語を上達させるコツ

【必読!】会社で英語研修するなら絶対に押さえておきたいポイント3つ!

地域別 方言 英語研修

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…