バイリンガルが見た「ここがヘンだよ、日本のクリスマス」

バイリンガルが見た「ここがヘンだよ、日本のクリスマス」

クリスマスはもともと、キリスト教の行事ですが、日本でも冬の行事の一つとして、すっかり定着していますね。

「クリスマスは普通、家族と過ごすものなのに、日本では恋人と過ごすのが当たり前になっていることに驚いた」と、外国人に言われた方は多いかもしれません。

すっかり日本に馴染んだクリスマスですが、他にも海外と違うポイントはあるのでしょうか?

今回は日本と海外のクリスマスの違いについて、アメリカで生まれ育った秋葉講師に聞いてみました。


「25日」のクリスマスケーキが半額!?

ビバイルのあるバイリンガル講師によると、「25日にクリスマスケーキが半額になる」のが衝撃だったそうです。

日本では、25日のクリスマスより、12月24日のクリスマスイブの方が盛り上がります。そのため、クリスマスケーキも、クリスマス当日ではなく、クリスマスイブの24日の夜に食べることが多いようです。

しかし、アメリカでは、ケーキや七面鳥を食べるのは25日の夜です。
24日のクリスマスイブは、子供達が「今夜サンタクロースが来る!」とワクワクして過ごす日で、大人にとっては普通の日。クリスマス当日の25日に、プレゼントで喜んで遊ぶ子供たちを横目に、お母さんがクリスマス料理を準備している、という光景が一般的なんだとか。

クリスマス当日であるはずの25日に、ケーキが半額で売られているのを見た時、「日本はクリスマス特別割引が広く行われている」と、海外の方は勘違いをするのかもしれません。

(注:ヨーロッパでは日本同様、イブにお祝いをする国もあります。)

何故、クリスマスに「フライドチキン」を食べるの?

日本ではすっかり定着した「クリスマスにフライドチキンを食べる」習慣。これにも、とても違和感があるそうです。

その理由は「鶏肉はチキン(鶏)で、ターキー(七面鳥)ではないから」ではなく、フライドチキンという「揚げ物」だからだそうです。

日本では、七面鳥は鳥。だからフライドチキンという鶏肉の料理ならば、七面鳥の料理の代わりになるというイメージです。しかし、海外にはそのような感覚はなく、七面鳥のローストチキンがないときには、ローストハム、ローストビーフなど、他のロースト料理(オーブンなどで焼いたもの)を食べるのが一般的だそうです。

他にも、日本人の「クリスマスはこれを食べる」というメニューのほとんどは、日本限定、つまり日本の企業努力で広まったものが多いようです。

やっぱり重要。誰とクリスマスを過ごす?

冒頭でも取り上げた通り、やはり海外の多くの国では、クリスマスパーティーは家族と過ごすもの、というのが常識です。
しかし、アメリカ出身のバイリンガル講師の感覚では恋人と過ごすのは、12/31、1/1に行われるニューイヤーパーティーだそうです。

最近では日本でも、カウントダウンパーティーなど、大みそかも友人と集まるイベントになってきましたが、それでもお正月は家族と過ごす、という人は多いようです。
対して、海外にはお正月休み自体がありません。そのため、ニューイヤーパーティーの翌日は、平日となります。
つまり、元日の翌日は仕事があるため、たとえ12月31日といえども、週末にデートをするのと同じような感覚なんだそうです。

海外と比較してみると、やはり日本のクリスマスは、独特な雰囲気で行われていることが分かりますね。


なお、ビバイルでも、毎年、クリスマスパーティーを行っています。
日本語も分かるバイリンガル講師が豊富に在籍している当スクールで、楽しく英語に触れてみませんか。興味を持たれた方はぜひ、お問い合わせください。

バイリンガルが見た「ここがヘンだよ、日本のクリスマス」

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…