あなたはどう学ぶ??英会話学習のためのおおよそ予算

英会話勉強のおおよそ予算

英会話の学習といえば、留学、英会話スクールへ通う、オンライン英会話など様々な手段があります。
それぞれメリット・デメリットがある上、現実的には「費用」と「時間」がかかります。

今回は英語学習にかかる年間費用および注意点について、留学、大手英会話スクール、そして、オンライン英会話をそれぞれ比較してみましょう。


留学

留学をする時には、学費はもちろんのこと、渡航費や現地での生活費も考えなければなりません。
また留学にあたって、ほとんどの方は「留学斡旋業者」を利用しております。
その際、学費から生活費まですべてを含んだ料金を提示してくれるものの、この費用には業者への手数料も含まれています。

1年間の留学を考えた場合、すべての費用を含めるとざっと100万円以上が見込まれます。
また、為替の影響も受けるため、時期によって費用の変動があり、その点も注意が必要です。

■現地で注意したい点
生活のほとんどが外国語になるため、上達は早いかもしれません。
ただし「周りの人の言葉」や「現地での出会い」に大きく左右されると言えるでしょう。
言語も含めた生活様式が合わないと、躓いてしまう大きな原因にもなります。

英会話スクール

留学のように生活の拠点を変えることが出来ない方は、英会話スクールに通うのも一つの方法です。
あくまで一例ですが、大手英会話スクールの場合、1年(長期コース)だと数十万円単位での入会金・コース費用がかかります。
年間のコース費用ではなく講座単位で支払いをする場合は、自分のペースと予算範囲内で通うことができますが、事前にその他の追加費用がかからないか確認する必要があります。

■入学後に注意したい点
英会話スクールに通っているとはいえ、やはり自主勉強は必要になります。
また当ブログの他記事にある通り、一概に「ネイティブ講師」が良いとも言えません。
日本人講師、ネイティブ講師、双方に、それぞれのメリット・デメリットがあり、自分のレベルに合ったバランス良い授業が受けられるか、入学前によく確認するが大切です。

オンライン英会話

前述の二つの手段に比べて、各段に安い料金で始められるのが「オンライン英会話」です。
オンライン英会話を運営しているほとんどの会社が、毎月数千円の料金を設定しています。そのため、1年でも数万円程度の費用で済みます。
また授業時間も自由に選べる会社が多いため、生活を大きく変えずに始めることができます。

■レッスンで注意したい点
英語を教えることを専門としている講師は多くないため「英語教育」に対するクオリティが一定しているとは言えません。
一定レベルの英会話ができる方が、感覚を忘れないように利用するのであれば問題ありませんが、
全くの英語初心者がここから学習を始めるとなると、効果を実感するのが難しいかもしれません。

料金も安く気軽に始められる分、会話中の英単語を書き取って調べる、次の会話までに分からないことをクリアにしておくなど、自分の努力次第でその効果が大きく変わってくるでしょう。


以上が英会話学習の手段ごとのおおよその予算と注意点なります。
特に、留学は行先やその内容によっても大きく費用が変わるため、あくまでも目安としてください。

最後に少しだけPRをすると・・・、
当スクール「ビバイル」は定額制通い放題の英会話スクールです。

大手英会話スクールよりは安価な料金で、なおかつ通い放題となっているため、自分のペースで通うことが可能です。
通う回数によっては、1講座あたりがオンライン英会話と同等の安さとなります。

また英語も日本語も分かるバイリンガル講師が教えているため、初心者の方でも安心して授業を受けられます。
ぜひ英会話の習得にご検討頂けると幸いです。

英会話勉強のおおよそ予算

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…