講師紹介インタビュー:「関綾子講師」

講師紹介インタビュー:「関綾子講師」

いつもグローバルスカイ・エデュケーションのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

弊社の英会話スクールには、人気講師をはじめ、面白い経歴の講師、個性的なキャラクターの講師など、会員以外の皆様にもぜひ知っていただきたい講師がたくさん在籍しております。
この講師紹介インタビューでは、その一人ひとりに改めてスポットライトを当てます。

今回は、生徒さんにも人気の関綾子講師にインタビューしました。高校生までほとんど英語と縁が無かった関講師が英会話講師になるまでの経緯や、授業でのさりげない気遣いなどについてお聞きできました。


講師紹介インタビュー:関綾子講師

英語を覚えたきっかけはサマーキャンプの短期留学

関綾子講師

– 本日はよろしくお願いします。関講師は、海外との縁が最初からあったわけではなく、留学などを経て英語を習得したそうですが、英会話講師になるほど、英語を勉強することになったきっかけは何だったんですか?

(関綾子講師、以下(関)そうですね。きっかけは、高校1年生のときに、サマーキャンプで2週間ぐらい短期留学へ行ったことです。

元々、英語自体は全然好きじゃなくて、興味も無かったんです。でも、海外旅行に行きたくて、それでこういう短期留学のプログラムだったら、両親も海外に行くのを許してくれるかな、と思ったので(笑)。

– その時は、どちらの国へ留学したのですか?

(関)オーストラリアでした。
実際に行ってみると、みんな英語でコミュニケーションをとるじゃないですか。それで、全然違う国の人たちとも、英語で話すことになりまして、そのとき『あれ? 何故、世界に沢山の言語があるのに、みんな英語でコミュニケーションをとるんだろう』って、すごい不思議に思ったんです。
それが、私が言語学に興味を持つきっかけでした。

その時から、英語の社会的地位とか、そういう社会言語学の分野にすごい興味を持って、人間はどうやって言語を習得するのかという応用言語学にも興味を持つようになりました。大学では絶対言語学を勉強しようと思い、イギリスの大学へ進みました。

– 留学していたオーストラリアではなく、イギリスに行ったのはどうしてですか?

(関)元々、ヨーロッパの建築などを見るのが好きだったんです。
イギリスに留学したら、同じヨーロッパなので、旅行で他の国も簡単に行けるかもしれない、と考えました。それでまず、高校2年生のときに、またサマースクールで、今度はイギリスを選んでみたんです。

実際に行ってみて、すごい感動しました。特に、ケンブリッジの街並みがとても気に入りました。大学の中に街がある、という雰囲気だったんですけれども、こういう古い街ってすごく素敵だなと思って。それから、イギリスに対する憧れが生まれました。

– オーストラリアとイギリスに行ってみて、イギリスの方により心を惹かれたということですね。それにしても高校を卒業して、いきなりイギリスの大学に行ったんですか?

(関)そうですね。
高校1年生までは全然英語ができなかったので、英語で言語学を勉強したい、と目的が明確になってからは、もう死ぬ気でやろうと思いました。
大学で授業についていけるようにと、高校三年間は一生懸命、英語の勉強をしました。
その後、イギリスの大学を卒業して、すぐ日本に帰国して、インターナショナルスクールで働きました。
この頃、マンツーマンで英語を教えることもしていました。
ちょっとややこしいのですが、その後またイギリスの大学院にいって、翻訳学を専攻して、また日本に戻ってきたんです。

– じゃあ日本に1回帰ってきて、またイギリスに行ったということですか?

(関)そうですね。
大学院を卒業した後、最初は、翻訳の仕事を少しやっていましたが、翻訳だと自分とパソコンみたいな感じで、人と触れ合う機会が少ないじゃないですか。それで、自分は人と話す仕事の方が向いているな、と思ったんです。
人をサポートすることが好きだったので、英語を使う機会のある秘書の仕事を始めました。しかし、仕事をしつつ、自分の時間を使って、人に教えることもずっと続けていました。

1年間勤めていたインターナショナルスクールでは、子供に英語を教えて、それに対して成果が返ってくるところが良かったんです。
教えていた子供たち自身と、同時に自分にも結果が目に見える形で返ってくる。それで、喜んでる姿も見られる、というのに、すごくやりがいを感じました。

秘書の仕事をしながら、やっぱり英語を教える仕事に就きたいな、とだんだん感じるようになってきました。

– 個人的にマンツーマンで教えることになったきっかけは、何だったんですか?

(関)きっかけは『英語を教えて欲しい』って、友人に紹介された方から言われて、それで教え始めました。

大学で言語学を専攻したので、文の細かいところまで説明するのが好きなんですね。そうやって、掘り下げながら英語を教えていったときに『なるほど』と言ってもらえるのが、すごい嬉しくて。それで教える仕事って楽しいなって感じたんです。

自分のできることを生かせる、自分のスキルを使ってできる仕事だな、と、すごくやりがいを感じました。

 ビバイルの講座で教えていること

ビバイルにて

– いま担当している講座について教えてください。

(関)私が教えているのは、「朝ビバイル」といって、朝の時間帯に時事英語を教える講座です。
朝7時40分開始という講座ですけれども、生徒のみなさんはいつも集まってくださって、すごく嬉しいです。

– 内容は、具体的にどういった感じですか?

(関)政治経済に限らず、身近な話題や身近なニュースに触れるようにしているんです。例えば、最近だとタクシーの値下げについてのニュースだとか。

元々みなさんは、生活の中でニュースを目にはしていると思うのですが、それを英語で聞いたときに、内容は分かるけど、細かい単語が分からない、ということはあると思うんです。
『ああ、このニュースか』みたいな感じで、受け入れやすいようなトピックを選ぶようにして、抵抗なく、英語を勉強できるようにしてもらえるよう、配慮しています。

– 時事英語ということで、ニュースや難しい問題も解説されるかと思うのですが、討論やディベートするような講座なんですか?それとも、解説をするような?

(関)まず最初にニュースの解説をして、次に単語などを見ていったりして、その後に『タクシーの料金が下がったことで、みんなタクシーを利用するようになると思いますか?』みたいな、ディスカッションも交えてやっています。

その他に、私がよくやるのは、ニュースで使われやすい単語を英語で説明してもらうことですね。
簡単な単語でも、英語を使って説明するのは難しいと思うんですね。でも、簡単な単語こそ、応用で説明できるようになれば、自分の自信にもなるし、理解しているからこそ説明ができるということになるので、よく生徒さんにやってもらうようにしています。

– 講座の参加者はどのような方が多いですか?

(関)みなさん、勉強熱心な方ばかりですよ。会社に出勤される前に、講座を受けて。やる気があってすごいと思います。

– 他に担当されている講座はありますか?

(関)今のところはそれだけで、あとはスポットレッスンになります。
1月は成人式や新年の抱負をテーマに行いましたが、そういった色んなところに関するトピックを、今後スポットレッスンでやっていければと思っています。

– 英語を教えるときは、どのようなことを意識していますか?

(関)そうですね。
生徒のみなさんには、常に英語でも考えられるようになって欲しいですね。
もちろん、講座は日本語も混ぜてやっていますが、簡単に理解してもらえそうなところを英語で問いかけたり、質問しやすい雰囲気を作ってたりして、生徒さんが発言しやすい雰囲気作りを心がけています。

– 英語で考えてもらう、というのは、頭の中で英語で論理を組み立てるというか、そういったことですか?

(関)言語を習得するときには、インプットよりアウトプットの方を重要視する傾向があると思うのですが、インプットも同じぐらい大事、と私は考えています。

私自身、英語を浴びるように聞いて、ネイティブの言っていることをコピーしながら、英語を習得しました。だから、まずは英語をいっぱい身近で聞いてもらい、こういう風に言うんだ、というのを感じ取ってもらって、それをコピーという形でアウトプットしてもらえれば良いかな、と考えています。

– なるべく英語自体を聞いてもらう、というスタンスなんですね。

(関)そうですね。
まずは英語を耳で慣れてもらって、それで分からないところは日本語で聞いてもらう感じですね。

ちょっとしたニュアンスの違いを説明したりするのも好きなので、そういった細かい部分も通して英語をもっと楽しんで、面白いなって思ってもらえたらいいなと思います。

 英語を勉強したい、始めたいと思っている方へ

秋葉講師と打ち合わせ中

-英語を勉強したい、始めたいと思っている方へアドバイスはありますか?

(関)まず、英語の勉強がストレスにならないようにすることが一番大事だと思うんです。だから、自分の興味があるものに英語をちょっとくっつけて勉強をする方法が良いかなと思います。

例えば、映画が好きだったら、映画をまず日本語で観てから、次に英語字幕で観て、更に英語音声の日本語字幕で観て、そのあと英語字幕に切り替えて観るというのも良いですね。
また、音楽が好きだったら、音楽を聴いて、歌詞を見て、こういう風に言うんだ、ということを、学ぶ。
それと、Wikipediaを使って、まず日本語で自分の興味のもったことを探して、それを英語で読んだりするんです。自分の興味の持っていることだったら、英語で書いてあっても、それはそれで楽しめるじゃないですか。

そういった、身近なことをすべて英語でつなげて、取り入れていったら良いのかなと思います。
私自身、本を読んだり、映画を観たりするときはすべて英語でやるようにしているんです。芸能人のゴシップも、英語のサイトで読んだりしています(笑)。

ニュースでも、自分の好きなトピックがあれば、それに関する単語を海外のニュースサイトで検索すれば、そのニュースが出てくると思います。

– 日本のニュースサイトで報道されていることが、海外のニュースサイトでも英語で報道されていたりするんですね。

(関)ニュースの言葉って難しい部分もありますが、興味を持っている内容を、ざーっと目を通すだけでも、こういう単語を使うんだ、とか、こういう言い回しがあるんだ、とだんだん分かってきます。
それで疑問に思った事は、こういうレッスンを受ける場所で先生に聞くのも良いですね。

– 英語を習得した後と、前とで、変わったことはありますか?

(関)何に対しても、それもアリなんだ、という感じで、すべてを受け入れられるようになったと感じています。
相手が自分とは全然違うタイプの人でも、受け入れられるというか、相手の意見を尊重して物事を考えられるようになったかな。

言語の習得に一番効果があるのは、やはり相手に興味を持つことだと思います。そうすれば、コミュニケーションをとりたくなりますからね。


以上が関綾子講師のインタビューとなります。
ご自身が、一から英語を学んだ事と社会人として働いてきた経験こそが、社会人の生徒さまに対し、より親身になった指導が出来る秘訣なのかもしれませんね。

グローバルスカイ・エデュケーションには、様々な個性のバイリンガル講師がたくさんおります。
興味を持った方は、ぜひお問い合わせください。

講師紹介インタビュー:「関綾子講師」

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…