英会話の個人レッスンを受けている人のおススメ自習方法

英会話の個人レッスンを受けている人のおススメの自習方法

英会話を短時間で習得したいのならば、積極的に自習することは、レッスン回数を増やすことと同じく、有効な手段となります。
自習することで、耳が英語に慣れたり、話すことに自信を持てたりと、経験を積むことが出来るからです。
では、英語学習の上級者は、一体どんな自習を行っているのでしょうか。

今回は、個人レッスンを受けている人のおススメの自習方法を、ご紹介致します。

 


英語で独り言をいう

非常に多くの上級者が行っている自習方法が、独り言をいうことです。
自分のやっていることを英語で解説し続けることで、英語を口から出すことに慣れますし、自分に必要な表現が見えてきます。
また、分からなかった単語や言いまわしを、自分で調べたり、先生に聞いたりして突き詰めていくことにより、どんどん英語の解釈が出来るようになります。
独り言をいうことで、自分がアウトプットしたい内容・会話が見つかるのです。
英語が堪能な方は、大体これを実践しています。是非、見習いたいですね。

忙しい人は聞き流しで復習しても良い

レッスン内容を復習することは、上達にとても重要なことですが、仕事で忙しいなど、なかなか時間が取れない人には難しいですよね。
そういう方には、通勤などの合間に英語を聞き流すことも効果的な自習方法といえます。ドラマや映画を観るのもいいですね。
聞いてフレーズを覚える、覚えたフレーズを実際に使ってみる、この繰り返しで英語に慣れていき、上達のきっかけとなります。
ただし、英語を聞くだけでは、耳が慣れて終わってしまうため、聞いて覚えたことを積極的に使って話すよう心がけましょう。

読み書きの自習には子供の本がオススメ

英会話の個人レッスンを受けている人のおススメの自習方法読み書きの自習には、英字新聞や、英語の小説をよく薦められますが、形容詞の表現が難しく、読み進めるのはなかなか難しいものがあります。『英語を読む習慣』がない人にとっては、たくさんの英字、アルファベットが並んでいるのを目にするだけでも、プレッシャーに感じてしまうでしょう。無理して難しいものを読もうとしても、なかなか読み進められないため、モチベーションも上がりません。
そこで、すごく簡単な子供の向けの絵本や児童小説など、気軽に読み進められるものから慣れていくことで、ストレスなく『英語を読む習慣』を身に付けることができます。
また、書く練習には、EメールやLINEなどのやり取りも有効な手段です。
マンツーマンレッスンの先生、もしくは外国人の友人など、添削してくれる相手と積極的に英語でやり取りをすると学習効果が上がります。
相手がいないのならば、自分で書いたメールを先生に見せるだけでも、良い自習となります。

自習というと、テキストでの勉強やレッスンの復習を連想しがちですが、まずは日常の出来事をできる範囲で英語に置き換えていき、英語自体に慣れることが大切です。英語に触れる機会が増えれば、自然と自分の弱み(知らない単語や表現)が見えてくるのです。

英会話の個人レッスンを受けている人のおススメの自習方法

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…