英会話スクールのネイティブ講師、日本人講師、それぞれの強み弱み

英会話スクールのネイティブ講師、日本人講師、それぞれの強み弱み

英会話が上手くなりたい、英語のスキルを上達させたい、と考えて、英会話スクールのことを調べる方は多いと思います。効率よく英語を習得したいのならば、自分に合った講師を選ぶ、というのは大事なポイントとなります。

英会話スクールの講師にも、様々な人がいます。講師との相性が良ければ、モチベーションの持続にも繋がり、より楽しく英語の学習をすることができます。

今回は英会話スクールのネイティブ講師、日本人講師、それぞれの強み弱みについて、ご紹介致します。


ネイティブ講師の強み

ネイティブ講師の強みは、何と言っても、英語を使う地域で生まれ育っているという、その経験にあります。教科書だとなかなか使われない表現や、細かい言葉のニュアンス、現地の文化などを理解しているため、その土地で使われているリアルな英語を学ぶことができます。

また、そうしたものに付随して、発音もしっかりと学ぶことができます。
イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語など、「英語」にも地域によって特徴がありますが、きれいな現地の発音を学習することができます。

特に大手の英会話スクールなどでは、ネイティブ講師が沢山いることを前面に押し出すことが多く、外国人の方を相手に、本格的な英会話の雰囲気の中で授業を受けることができます。

ネイティブ講師の弱点

日本語があまり堪能ではないネイティブ講師の場合、日本語での受け答えが難しいため、質疑応答が思い通りにできないこともあります。
質問の意図が伝わらず、結局欲しい回答が得られなかったり、日本人に対して理解や知識がない、もしくは疎い方であった時は、それが原因ですれ違いがおきたりすることもあります。

それとは別に、不安要素の一つと言えるのが、いつまで日本にいるのか分からないという点にあります。外国人講師は、講師として長く務めることが少ない傾向にあります。お気に入りの講師を見つけても、突然いなくなってしまう可能性があるのです。
そうしたリスクは、ネイティブ講師の弱点と言えるでしょう。

日本人講師の良いところ

日本人講師は、自分の英語を学習してきた経験を活かしたレッスンができます。講師になれるほど英語に磨きをかけてきた実践者であるので、英語学習におけるテクニックをはじめ、効率よく行うコツなどを生徒に伝授できる経験と知識があります。
学習をしていて、何が分からないのかが分からない、と行き詰ったとしても、フォローしてもらえることが多いでしょう。

また、何と言っても一番のポイントは、日本人であるため、日本語での会話が容易にできる点にあります。気軽に分からない部分を質問できますし、質問の仕方が分からない、と頭を悩ませることもありません。日本語で会話ができるという安心感は、英語を学ぶモチベーションの維持にも繋がります。

日本人講師のここに注意

どうしても日本人であるため、発音が現地の方よりもナチュラルではない、というケースはあります。
さらに、文法上正しくても、実際現地ではそういう使い方をしない、というケースもあり、日本人講師はこういう場合、的確に指摘できない可能性もあります。

ビバイルはネイティブの発音で日本語もできるバイリンガル講師ばかり

当スクールは、バイリンガル講師を積極的に採用しております。そのため、きれいな発音でレッスンした後、安心して日本語での質問の受け答えをすることができます。

『英語は外国人に習えばいい』と安易に考えず、自分の学習スタイルにはどんな講師が合うのか、という視点から、英会話スクールを選ぶのも良いかもしれません。


私たち、グローバルスカイ・エデュケーションでは経験豊富なバイリンガル講師によるレッスンや英会話の企業研修を行っております。
英語をすぐに学びたい、企業として英語研修をしてみたいという時は、まず私たちにお問い合わせください。

英会話スクールのネイティブ講師、日本人講師、それぞれの強み弱み

■GSEの法人・学校様向けサービス

自社の社員のための研修の導入・実施をご検討中の企業様向けに、目的に応じた研修の仕組み、スケジュール、カリキュラム等のプランニング、および実施を致します。

職業別 英語研修
目的スキル別 研修
PBL(Project Based Learning)型研修
階層別研修
ビジネス英語研修 等…